期間限定でWordPress開設が41%OFF!11/8まで

「Progateやっているけど意味ない人」になってない?注意点を解説

「Progateをやっているけど意味ない人」にならないための注意点を現役エンジニアが解説

Progateをやろうと思っていますが、「Progateは意味ない」という否定的な意見を聞きました。
Progateはやるべきでしょうか?効果についても教えて欲しいです。

人気があるProgateですが、一部では「やっても意味なくない?」という否定的な意見も聞きます。

当記事では、Progateのレベル120を突破した現役エンジニアの私が「有料版Progateの効果と使い道」について言及していきます。

Ken

数年かけてちまちまと色々な言語を学習していった結果、気づいたらレベルが高くなってしまいました。

早速結論ですが、Progateは最高です。

Progateがなかったらエンジニアになれなかったな・・・という人は自分を含めてかなりいると思います。

ただ、自分も陥りかけたのですが、「Progateをやっているけど意味ない人」にならないようにだけ注意が必要です。

言い換えれば、「Progateだけをやりすぎている人」にならないように注意が必要です。

この辺りの意味を深掘りして解説していきます。

Progateは意味ないことはないが学べないことは多い

最初に結論を述べた通り、Progateは最高です。

ですが、以下の注意が必要です。

Progateで注意すべき点

  • Progateをやりこんではいけない
  • Progateでは自己解決能力は身に付かない
  • Progateでは基礎を学べるが、基礎のすべては学べない

1つずつ解説していく中で、Progateとの正しい向き合い方をこの記事で認識しましょう。

Progateをやりこんではいけない

Progateは正直何周しても分からないところはありますよね。

Ken

自分も答えと解説を見たはいいけど結局良く分からない・・・記憶にもあまり残っていないという部分がありました。

特にHTML・CSSの道場あたりとか、何周しても「これで十分!」とは思えず、不安が残りますよね。

だからこそ

  • とことん分かるまでやりこみたい
  • 他の言語もどうせなら触れてみたい

と思う人もいるわけです。

ただ、Progateを100周しようが完璧な知識は得られないんですよね。

足りない知識を補うのはProgateの次の周回ではないです。

Ken

例えば100周したとしても、「HTMLとCSSを使って自作のサイトを作ってみてね!」と言われると手も足も出ないという人が大半かと。

Progateでは優しく作ってある分、環境構築の部分は学べません。

やはり、スキルアップをするには自分で何かを生み出すしかないんですよね。

たとえProgateで理解不足なところがあってもOKのスタンスで進めるのが正解です。
スキルアップの過程で、後々になって全く分からなかったところが急に腑に落ちるときがやってくるものです。

Progateは基礎の基礎を学習するものです。

基礎の基礎を学習=スライムを倒し続けている感じで、どれだけやりこんでもスキルアップはしません・・・。

Progateで自己解決能力は身に付かない←自己解決できないと意味ない人のまま

Progateでもエラーが出ると思いますが、エラーが出た場合はヒントやスライドを見るはず。

本来であれば、エラーが出た状態でググる必要があります。

この「ググる」というのが非常に大事でして、プログラミングは「エラーなどをググって解決する」のもスキルの1つと言われているくらい重要。

Progateだと、一切ググることなく全部終わるんですよね

なんならどこが違うのかも丁寧に教えてくれます。

Progateの機能は滅茶苦茶ありがたい「補助輪」ではあるのですが、補助輪なしの状態で進む練習もする必要があります。

Progateで自己解決能力は身に付かない←自己解決できないと意味ない人のまま

そのためには、

  • 自分で調べてコードを書く
  • 自分の頭で考え続ける
  • エラーと数時間にらめっこ

・・・という過程が必須になるわけです。

厳しい意見ですが、エラーが出たら他人に聞かずとも自己解決できる人材が求められていまして、それができないと意味ない人になりがちです。

そのためには実際に練習が必要でして、Progateをさっさと卒業して練習過程にすすむ必要があるわけです。

Progateでは基礎を学べるが、基礎のすべてを学べない

例えばCSSだけ見ても、実際にProgateで学習しなかったものを使っていかないと実装できない場面は多々あります。

「それって難しいコーディングの時だけでしょ?」と言われるかもしれませんが、大抵のサイトはProgateで学習してないものを使わないと実装不可能です。

Ken

一番最初に自分でコーディングしていく中で、「ググったけど見たこともないCSSが必要じゃん・・・」となりました。
でも、それを1つずつ身につけることでレベルアップしてきました。

つまり、Progateでは何周しても基礎はバッチリマスター!・・・とはならないわけです。

そもそも理解はそこまで深まっていない

Progateで自分の頭を使って考えるシーンって、そもそもかなり少ないと思うんですよね。

分からなければほぼ答えのようなものを見れますし、ガンガンレベルは上がっていく。

「なんか成長してる!」感はあってやる気は出るのですが、そもそも理解はそんなに深まっていません。

基礎の基礎はProgateで学べるのですが、基礎全体を学ぶには程遠い。

【解決策】Progateはなんとなく分かったら卒業しましょう

ここまでの話を聞くと

Progateは良くないんじゃないの・・・?

と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、Progateは入門に関しては最強です。

本レベルに詳しいのに、月1,078円(税込)です。

プログラミングを学習するとなると、本を言語ごとに買っていくだけで、おそらく5000円くらいにはなっちゃいますよね。

安いだけでなく、実際の動きをブラウザ上で見れるというのも素晴らしいです。

Ken

実際に自分も活用してプログラミングを学習して結果エンジニアになっていますし、始めの一歩としては最高なんですよね。

なお、有料版にすることは必須なので、1ヵ月だけでもいいので惜しまず投資しましょう。

格安ですし、無料の部分だけやって楽しいとちょっとでも思えたら課金を決意。くらいのゆるい基準で進めてOKだと思っています。

実際にスキルが一番伸びるのは「現場」

Progateは分からなかったところでも最高3周にとどめて、さっさと次のステップに進むべきです。

Ken

自分もなんとなく分かったんだけど、正直説明できるほどのレベルではないなぁという状態でProgateを卒業しました。

実践的な練習の方がProgateより成長率は高いですし、結果的に早く目標達成までこぎつけられます。

分からないところが多くても後々どうにかなる

正直ProgateでPHPを学習したときはかなり分からない部分だらけでした。
実践練習中に色々なコードを見る・別の言語の勉強をするなどしていくうちに、「Progateでは分からなかったけどそういうことか」と点と点が繋がる時が来るので、分からない部分があっても問題ナシです。

Progateが終わったらするべきこと

Progateをさっさと卒業して、次は何をすればいいのか、という話になってきますが

たとえ無理に感じたとしても成果物を作るべき

ですね。

Ken

自分はHTML・CSSを学習→自分の自己紹介サイトを作成する。というステップを踏みました。

つまり、さっさと稼ぐためのステップを実行 or スクールに通うなりして目標達成に貪欲に向かっていこうということですね。

稼ぐためのステップを実行する場合

プログラミングで稼ぐとなると、人に見せられるだけの成果物が必要になってきます。

つまり、ポートフォリオ作成ですね。

他人のポートフォリオを見て、「何かしら機能のあるページ」を目標としてレベル感を掴み、それを目指す形になると思います。

Resume」というサービスで多くのポートフォリオを見ることができますし、実際にポートフォリオ作成に役立てることができますので、参考にしてみてください。

なお、自分で案件をとっていきたい!という方はWordPress学習に入っていくのがオススメです。

そこまで難易度も高くないですし、この後PHPを学習→WordPressを実際にいじってみるというステップでシンプルで分かりやすい。

なお、『【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】』にてそのステップを詳しく解説しています。

【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】 【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】 大学生がプログラミングで稼ぐ手順を全公開します。半年で達成可能でして、それでバイト以外でもガッツリ稼げるようになります。プログラミングを学んでからWordPressを学習し、案件を取得するまでを解説していきます。

上記の流れは

  • 分からない部分が出てきても自己解決で進んでいける人
  • 頼る人がいなくても日々淡々と学習を進められる人

であれば、引き続き進めていけるのではないかと思います。

Progateが終わって独学になるのが心配な人はプログラミングスクール

Progate卒業後は急に突き放された感じがしてかなりハードだと思います。

先ほどの「自己解決で日々淡々と学習を進められる」という人は正直1割くらいではないかなと。

それくらい、難しいことだと思います。

絶対に精神的にきつくなる場面が来まして、諦める可能性もありますからね・・・。

プログラミングスクールだとカリキュラムでやることが決まっていて、不安にならずに進めます。

Ken

学習において「不安にならない」というのは最高で、「今やってることが本当に為になるのかな~」とか「もっとうまいやり方ないかな~(検索)」などで時間を費やすことも無くなり、プログラミングだけに注力できるようになりますね!

独学かスクールかについては、あなた自身の性格やどれだけプログラミングに注力できるかによって変わってくると思います。

もしちょっとでも「きつそう・・・」と思ったら、お金を払ってでもスクールに行く価値はありますよ。

なお、スクールのカリキュラムは完全初心者にとっては結構厳しいところが多く、Progateでサラッと学習してから受講するのがベストとも言われています。

Progateで頑張ったのにスクールに行ったらあんまり意味なくね?と思うかもしれませんが、そんなことはないですよ!

現役エンジニアが厳選!おすすめのプログラミングスクール3選【安め・学割あり】 現役エンジニアが厳選!おすすめのプログラミングスクール3選【安め・学割あり】 プログラミングスクールの数が多くてオススメが分からない。現役エンジニアがニーズ別に厳選した3社のスクールを紹介します。スクールの選び方としては、カリキュラムよりも環境を重視して選ぶのがポイントになってきます。

上記記事にて、現役エンジニアの私がオススメのスクールを厳選しました。

中にはほぼ詐欺みたいなスクールもありますから、上記記事を参考にして選んでみてください!

少なくとも私はProgate経由でエンジニアになれた

ということでまとめです。

この記事のまとめ
  • Progateは意味ないことはないが学べないことが多い
  • 自己解決能力や、基礎のすべては身に付かない
  • 足りない知識を補うのはProgateの次の周ではなく、次のステップ
  • Max3周くらいで次のステップにさっさと進もう
  • 次のステップはポートフォリオ作成や、スクールなどがおすすめ

Progateは入門に関してはこれ以上ない教材だと思っています。

プログラミングをどこから始めたらいいか分からないと悩んでいる人はまずはProgateから始めてみましょう。

Progate→独学で稼ぐステップを実行 or スクールに通う

上記の流れが「プログラミングが本当は向いていないのにスクールに通ってしまった・・・」なんて大失敗にもならずオススメです。

少なくとも私はProgateを経由して学習し、その後エンジニアとして働けるまでの技術力を得ました。

どうやって最初は学習しようか・・・と悩むのは正直時間の無駄なので、サクッとスタートを切りましょう!

Progateの進め方についても確認する

関連記事
【Progateの進め方】最高効率で学習する方法・学習順番と注意点を解説 【Progateの進め方】最高効率で学習する方法・学習順番と注意点を解説 Progateのコースが多くてどう進めていいか分からない。効率よく進める方法ってありますか?こんな質問に答えます。Progateは一気に進むのではなくしっかりと知識にしながら進むのが実は最高効率です。