期間限定でWordPress開設が41%OFF!11/8まで

プログラミングにはMacBookが最適!選び方を徹底解説【結論:用途でスペック決め】

プログラミングにはMacが最適?選び方を徹底解説【結論:用途でスペック決め】

プログラミングに向いているのはどんなPCだろう?
Macがプログラミングに向いているって聞いたけど、理由はなんですか?というか、良く分からないのでオススメを教えてください!

パソコンの良し悪しって、まるでわかりませんよね。私もIT系に勤めているのに全然知りませんでした。

MacBookを購入する際に、「このままではいかん」と思い、勉強しました。

そんな私が、これからプログラミングを始めようという人や、MacBook選びで困っている人向けに、どんなところを見て決めていくべきか紹介していきます。

Ken

M1チップについても触れていきます!

結論ですが、スペックはあなたの用途次第で決める。

基本はメモリ16GB以上、CUPはIntel Core i5以上。

この記事では、前半にプログラミングをするならMacが向いている理由。

後半でおすすめのスペックについて紹介していきます。

この記事を読めば、プログラミングでPCを新調しようと悩んでいる人は、どんなスペックのPCを買うべきか分かります。

プログラミングをするならMacBookが良い理由

プログラミングにはMacが良いと言われていますが、それには理由があります。

プログラミングにMacが向いている理由

  • 持ち運びが楽
    重量も13インチだと1.3kgとかです。カフェでプログラミングをする人とかにとっては割と重要
  • 仮想環境でWindowsも使える
  • OSがLinuxに似ている
    様々な言語がLinuxベースで動いているので、合わせたほうがいいです
  • iPhoneアプリを作る開発環境が整えられる
    MacでのみXCodeが使える
  • Macの方がツールの関係上効率よく開発可能
    PHP、Ruby、Pythonなどでその傾向があります

Macならではのメリットは以下の3点。

  • トラックパッドで直感的に操作できる
  • 起動が早く、バッテリーも長持ちするので外出先でも心配いらず
  • 洗練されたデザイン

トラックパッドの性能が滅茶苦茶良くて、割と効率が変わってきます。

指で直感的に操作ができるので、簡単ですしスピーディ。

逆にMacBookのデメリットは?

デメリットがあるとすれば、値段が高いこととWindowsにしか対応していないソフトも多くあるということ。

値段については、一番下のスペックでも10万円は覚悟する必要があります。

Ken

といっても、値段に対して性能が滅茶苦茶良いので、コスパを考えると最高です。

Windowsに対応していないソフトに関しては、プログラミングをしていく上でWindowsにしか対応していないソフトが必要になることはないので安心してください。

ただ、Unityなどでゲーム開発をする場合はWindowsの方が向いていると言われています。

プログラミング用としてだけでなく、普段使いとして購入するのであれば、Macに対応していないソフトがないか確認してから購入すれば問題ないでしょう。

プログラミングをするならMacBookは必須か?

プログラミングをするならMacBookは必須か?

プログラミングをするのであれば、MacBookは必須か?と言われると、NOです。

仕事としてプログラミングをしていくのであればMacが推奨されますが、勉強段階ならWindowsでも問題ナシ。

入社したら、会社でどんなPCを使うか社員で合わせているはず。そこでMacが支給されることもあります。

Ken

既にWindowsのPCを持ってる人も多いと思います。
動きにストレスを感じないスペックなら、そのままそれを使えばOKです。(iPhoneアプリ制作をしたいなど、mac必須なら話は別)

私は最初、プログラミングの勉強はWindowsでやっていました。
しかも大学生が大体みんな買っている生協のPCです。

勉強段階では全く困らなかったので、「プログラミングしたいけど・・・パソコンがWindowsだしなぁ~!」みたいな人はさっさと始めましょう。

プログラミング用MacBookの選び方【スペックについて学ぼう】

プログラミング用MacBookの選び方【スペックについて学ぼう】

現在、Macのノートパソコンを選ぶのなら、以下の商品から選ぶことになります。

Macのノートパソコンの選択肢

  • MacBook Air 13インチ
  • MacBook Pro 13インチ
  • MacBook Pro 16インチ

ここにオプション的な感じでスペックを選択して、自分に合うスペックのものを購入します。

そのスペックについてですが、まずは学ばないとどう選んでいいのやらサッパリわかりませんよね。

選ぶポイントは5つありまして、

  • メモリ
  • CPU
  • ストレージ
  • GPU
  • 画面の大きさ

です。

それぞれ説明しつつ、どの程度のスペックがオススメかを解説していきます。

MacBookのメモリについて

メモリとは、PCの短期記憶に関する部分、と言えばわかりやすいです。

選択肢は、8GB or 16GB。

数値が大きければ、同時並行で処理がしやすくなり、いわゆる「色々開いても重くならない」パソコンになります。

プログラミングでは、外部モニターを繋げながらプログラミングをしたり、ビデオ通話しながら開発をしたりという並行作業が頻発します。

そのため、メモリはいいものを選択するのがオススメです。

ここは16GBの選択が推奨されます。

メモリとCPUの解説
机の広さにもよく例えられます。

値が大きい=机が広いほど、並行処理はしやすいですよね。

MacBookのCPUについて

CPUとは、プロセッサと呼ばれる部分で、処理スピードに直結します。

Intel Core i3、 i5、 i7、M1チップなどがあります。

こちらも数値が高いほど高性能ですね。

i3だと安いのですが、心もとないのでi5以上を選びたいところ。

この部分もかなり重要になる部分でして、お金をかけても良い部分です。

メモリとCPUの解説
一方こちらは机に座っている人(作業者)に例えられます。

作業者の能力が高いと処理スピードは上がりますよね。

MacBookのストレージについて

ストレージとは、単純に容量のこと。

128GB~4TBまであります。

おすすめは256GBか512GBですね。(128GBだと多分足りなくなる)

動画編集も今後するかもという人は、素材などで容量が圧迫されていくので1TB~を考えても良いかなというくらいです。

といっても、容量が足りなくなれば外付けハードディスクやクラウド上で保存することで補えます。

接続の必要性があり、見た目があまりよろしくないので、(必要な人は)最初から容量は多めの方がいいかなと思います。

MacBookのGPUについて

GPUは、画像処理のスピードに関わる部分です。

動画編集や、3Dグラフィックを扱うのであれば、良いものにすべきかなと思います。

動画編集でも、カメラで撮ったものを編集するくらいであれば気にしなくてもいいです。

動画ではCGを使うぞ・・・みたいな人は良いものを選びましょう。

3Dグラフィックについても、扱う人は少数だと思いますので、大抵の人はGPUについては意識しなくても大丈夫です。

MacBookの画面サイズについて

画面サイズについては、13インチを選ぶか、16インチのMaccBook Proを選ぶかになってきます。

16インチだと2kgとなってちょっと重いですし、よく持ち運んでプログラミングをする・する予定のある人は13インチの方が良いかもしれません。

家や会社でよく使うなという人は、16インチをおすすめします。

前述した通り、プログラミングは資料を見ながら何かをするという事が多いので、画面は大きい方が効率が良くなります。

私は外部ディスプレイに接続してプログラミングをしていますが、驚くほど効率が変わりました。

しかし、16インチにすると一気に値段が高くなります・・・。

仕事としてプログラミングをします!お金を得られることは確実なので、初期投資としていける!

という人は、16インチを検討しても良いでしょう。

プログラミングでM1チップを使うのはどうか?【MacBook Air M1の選択肢はアリ】

2020年11月に、M1チップが搭載されたMacBookが発売されました。

M1チップは、MacのためにAppleが自社開発したシステムオンチップ。

簡単に言えば、「CPU(処理スピードに直結する部分)とGPU(画像処理部分)」の性能に大きく関わってきます。

Ken

今まではCPUをIntel Core i7とかを使っていたけど、ここにAppleが開発したものを使うようになったという感じです。
段違いの性能になりました。

性能で言えば、「M1チップ搭載のMacBook Air > 以前のMacBook Pro」と言われています。

静穏性も高く発熱も抑えられ、バッテリーの持ちも最大18時間と、以前より6時間も伸びました。

性能的にも、コスト的にも文句なしですね。

M1チップはデメリットが

M1は発売されて時間があまり経っていないため、対応できていないソフトがありました。

特に最初はDockerというローカル環境ソフト(割と必須なソフト)が対応しておらず、全然使えませんでした。

そのため、「環境構築が難しくなるからプログラミングには不向き」という声がありますが、段々と対応方法の情報が出そろってきました。

代替案が検索すれば出てきますし、時間が経ってソフトも対応されてきました。(先ほどのDockerは対応されました)

そのため、M1チップを選択しても問題はないです。

既にプログラミングをしている人は、「いつも使用しているあのソフトが対応していないと困る・・・!」という事が無いように注意が必要です。
逆に、初心者だと最初から代替案を使うだけなので、問題ないかと思います。

【結論】プログラミングにおすすめのスペックのMacBook

スペックについてはなんとなくわかったけど、結局どれを買うのがいいの?

という疑問に答えます。

  • 値段重視
  • 性能重視

の2パターンに分けておすすめのスペックのMacBookを紹介します。

値段重視でMacBookを買うなら、MacBookAir

値段重視なら、M1チップが搭載されていれば最低スペックでもいいかなと思います。

最初の3年くらいであれば余裕で使えるという感じでしょうから、もし性能的に足りなくなったら次のものに買い替えていきましょう。

11万ちょいなので、コスパは抜群。

心配であれば、オプションから512GBを選んでおけば容量的にも問題ないでしょう。

MacBookAirでも性能的に問題ないか?
私の場合、プログラミングを始めて3年間ほどメモリ8GB、CPUはIntel Core i5、容量は512GBのスペックのMacBook Air使用していました。(うち1年間は業務で使用)
上記のスペックでストレスなく使用できていまして、M1チップならより軽快に使えます。
容量も120GBくらいしか使っていませんでした。
「最低スペックだけど大丈夫・・・?」と思われるかもしれませんが、最初の内は全く気にならないレベルのスペックだと言い切れます。

性能重視で買うなら、MacBookPro

性能重視であれば、MacBookProがおすすめです。

プロセッサはi5以上(M1も可)、メモリは16GBが良いでしょう。

つまり、上記の商品以上のスペックをもつMacBookProを購入しましょう。

同じスペックが書いてあったとしても、MacBookProのほうが性能が良い(プロセッサの性能が違う)ので、価格も性能もバランスをとって以下のスペックもオススメ。

値段も14万ちょっとで、上のもの(19万)よりは安く、かつ性能も申し分ないです。

Ken

M1チップで色々性能が上がっているので、上記商品でも大丈夫そうです。心配ならメモリ16GB・容量512GB以上をどうぞ。

今後ガチでプログラミングをやっていくというのであれば、16インチを推奨したいところですが、

  • 値段が一気に高くなる(27万ちょっと)
  • 外部ディスプレイに繋いで使えばより低価格で画面をより広くできる(つないだ状態で使うので、見た目はよくありませんが・・・)

という理由から、推奨は13インチのものになります。

これで特殊な計算やゴリッゴリのグラフィック関係でない大抵のプログラミング業務はやって行けます。

MacBookProは14万円とかなり高いのですが、コスパは抜群。
初期投資として成立するものだと思っています。

プログラミング用のMacBookは用途に応じてスペックをカスタマイズしよう

プログラミング用にMacBookを買うかなという人は、以下のようになります。

MacBookの選び方

  • プログラミングをまだ学習しておらず、プログラミングが楽しいかどうかも分かってない:既に持っているパソコンでOK(Windowsでも可)
  • プログラミングを学習し始めて、MacBookを検討している:安さ重視のもの
  • プログラマになります・もう既になった:会社のルールと相談しつつ、性能重視のものを購入
  • 動画編集とかもする予定:今回紹介したものより良いスペックを選ぶと幸せになれます

悩みがちなMacBookの選び方ですが、妥協せずに思い切って買った方が後悔も少なくていいですよ!

値段重視であれば以下のMacBook Airを。

性能重視であれば、できるだけ値段を抑えつつで考えると以下の2択。

仕事道具になるので、投資だと思ってガンガンお金をかけても結局リターンがあるものだと思っています!

この記事を参考にして、Macデビューしてみてください!

関連記事
【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】 【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】 完全初心者向けに、プログラミングの始め方を現役エンジニアが書いていきます。私もこの内容で学習して、プログラミングスキルを得られました。学習方法やその後のキャリアについても触れつつ、ロードマップを書いていきます。