期間限定でWordPress開設が41%OFF!11/8まで

神コスパのプログラミングスクール7社を徹底比較!【実体験アリ】

神コスパのプログラミングスクール7社を徹底比較!【実体験アリ】

Ken

プログラミングスクールがいっぱいありすぎてサッパリわからない・・・。
そんな人のために、『安いけど質の高い』プログラミングスクールをまとめたので参考にどうぞ。
スクール ポイント 値段・期間 講師の質 学習タイプ カリキュラムの質 学習サポート キャリアサポート

公式ページはこちら
最大手のスクールで、価格が安くコースも豊富。
基礎を学びたい・就職に役立てたい人にオススメ
 
229,900円(税込)/8週間
  完全オンライン    

公式ページはこちら
コスパ最強のスクール。
Web制作で稼げるようになりたい人、
短期間で時間を確保できない人にもオススメ

99,800円(税込)/1年間
  完全オンライン  

公式ページはこちら
稼いでいる講師のみが担当なのが魅力的!
『稼げるスキル』を身に着けたい人にオススメ

403,200円(税込)/4ヵ月
  完全オンライン    

公式ページはこちら
料金は高いが、転職を考えている人にはオススメ
転職保障があり、それを考えるとコスパは高い。
また、カリキュラムの質も高くてGood

877,800円(税込)/26週間
  オンライン
または教室
     

公式ページはこちら
学習時間はスクール内最長の800~1000時間。
確かなスキルを身に着けたい就職・転職希望者にオススメ
 
382,800円(税込)/8ヵ月
  完全オンライン      

公式ページはこちら
大手DMMグループが運営しているのも安心材料。
給付金を利用できればコスパは滅茶苦茶高い。

690,800円(税込)/3ヵ月
  オンライン
または教室
     

公式ページはこちら
実践に即したカリキュラムで、転職実績もいい。
自社開発エンジニアへの転職実績が多いのも◎
 
440,000円(税込)/5ヵ月
  オンライン
または教室
     
料金について
なお、価格と期間については代表的なコース・期間で算出しています。
コース選択やキャンペーンなどを考えると表示よりももっと安くなるところもありますので、公式ページを直接チェックしてみてください!

Ken

色々なスクールがありますが、どんな人にも向いているスクールはTechAcademy [テックアカデミー]ですね!

上記の比較表を参考にして、自分に合ったプログラミングスクールを選んでみてください!

ちなみに、この記事を書いている私はWeb系のエンジニアとして会社員をしつつも、プログラミングブログを運営しています。

運営する過程や実体験からスクールに関する知識は人一倍多いので、参考になるかと思います。

『各スクールの詳細を知りたい!』『選び方の基準や自分にとってのオススメを知りたい!』という方は、記事を読み進めてみてください!

【コスパ良し】質も良くてオススメできるプログラミングスクール7選

プログラミングスクールは、自分のなりたい姿に合わせて選択するのが大事です。

例えば以下の4つのスクールなら、目的別に『値段』『講師の質』『カリキュラム』『学習サポート』『(転職は)キャリアサポート』の面でも十分オススメできます!

中でもオススメなスクール

今回紹介したスクールを1つずつ詳細を書いていくので、気になったスクールについて読んでみてください!

TechAcademy

TechAcademy

誰にでもオススメできるスクールがTechAcademyです!

TechAcademyは受講者数NO.1という安心感があるだけでなく、アウトプット重視のカリキュラムでプログラミングスキルの土台を作れます。

また、TechAcademyはとにかく受講料が安く、学割も効くため大学生の方にもオススメですね。

ポートフォリオ制作支援アリ

TechAcademyの各コースの最後はオリジナルサービス作成のカリキュラムになっています。

そこでの制作物はそのままポートフォリオにも使えるため、卒業時には『なにかサービスが作れるレベル』になっているというのもいいポイント。

\エンジニア内定をGetしよう/

※1週間の無料体験アリ

実体験レビューはこちら
【就職できた!】テックアカデミーの評判を文系大学生が実体験を元にレビュー 【就職できた!】テックアカデミーの評判を文系大学生が実体験を元にレビュー 文系大学生からテックアカデミーに入会して就職できた経験を元に、テックアカデミーの評判を書いていきます。テックアカデミーはメンター全員が現役エンジニアなこともあり、メンタリングでかなり支えてもらえました。

デイトラ

デイトラ

とにかくコスパ良く学習したい人におすすめなのはデイトラです。

1年間のチャットサポート+卒業後も閲覧可能なカリキュラムで価格は99,800円(税込)。

価格の分、サポートはチャットサポートしかないのですが、カリキュラムは常にアップデートされています。

カリキュラム内容も充実していて、案件獲得のための具体的な営業方法なんかもわかる内容となっており、Web制作スキルを身に着けるにはもってこいです。

独学より安い可能性も

独学では本やUdemyなどの講座を購入することになりますが、最新情報を網羅するのは至難の業。

結局最新情報を揃えると高くなりますし、時間もかかってしまいます。

そこを考えたときに、デイトラなら独学より安くつく可能性も十分に考えられます。

\1日1題で夢を実現/

※コスパは業界内最高

デイトラの詳細レビューはこちら
デイトラの評判は?コスパ最強のスクール間違いなし!【運営者にインタビュー】 デイトラの評判は?コスパ最強のスクール間違いなし!【運営者にインタビュー】 デイトラの評判について知りたい人に向けて、現役エンジニアの私が実際にデイトラの運営者にインタビューしたので、デイトラの内容をまとめます。結論から言うと、コスパ最強のスクール間違いなしです。

RaiseTech

RaiseTech

稼げるエンジニアになりたい人にオススメなスクール。

講師の質が他のスクールよりも高く、『全員月単価80万円以上の現役エンジニア』となっています。

現場の最前線にいる講師なので、かなり実践的なカリキュラムで学習でき、確かなスキルが身に付きます。

特にAWSコースやJavaコースは今も需要が高いスキルですね。
上記スキルは他スクールで扱っていないところも多く、現役エンジニアに対してもオススメできるスクールだったりします。

魅力的な半永久サポート

チャットでの質問サービスや案件獲得支援などを半永久的にサポートしてもらえます。

そのため、受講者の満足度は高く、プログラミング教育を第一に置いたスクールとなっています。

\最短で稼げるエンジニアになろう/

※現場で求められるスキル重視のスクール!

テックキャンプ エンジニア転職

テックキャンプのエンジニア転職の料金・特徴について

エンジニア転職を絶対に成功させたい!という人にオススメなスクールです。

講師がメンターだけでなく、ライフコーチとキャリアアドバイザーの3人がいて、挫折しないようにガッツリサポートしてもらえます。

サポートだけでなく、カリキュラムのレベルも高く、『自走出来るエンジニア』になれることは間違いないです。

転職保障アリ

テックキャンプでプログラミング学習を頑張ったのに転職できなかった・・・という場合は全額返金してもらえます。

転職保障があるスクールは少ないので、サポート重視で転職のためにスクールを選ぶならテックキャンプで決まりですね!

\エンジニア転職を絶対に成功させたいなら/

※30代でも転職保障が適用されるのはここだけ

実体験レビューはこちら
【転職成功】テックキャンプのエンジニア転職の評判を実体験を元に徹底解説 【転職成功】テックキャンプのエンジニア転職の評判を実体験を元に徹底解説 テックキャンプのエンジニア転職の評判・口コミを実体験を元に書いていきます。テックキャンプは転職できないという声もよく見るのですが、実際はそんなことはないように感じました。かなり良いプログラミングスクールではないかと思います。

RUNTEQ

RUNTEQ

とにかくスキルを身に着けたいという人にオススメなスクールです。

RUNTEQでは、最低800時間、最高で1,000時間以上の学習を行います。

一般的なスクールが300時間~600時間くらいの学習量なので、その学習時間の多さはわかっていただけるかと!

長時間の学習+サポートにより卒業後はレベルの高いエンジニアとして活躍できること間違いなし。

キャリアアドバイザーによるサポートもあり、書類添削や模擬面接などもあるため、転職活動の際も安心です。

カリキュラムで作成するポートフォリオの質が高い

就職・転職の際にはポートフォリオがスキル証明のために必要となるのですが、RUNTEQでは質が非常に高いポートフォリオの作成が可能です。

プログラミングポートフォリオコンテスト3連勝中ということもあり、高品質なのは間違いなしです!

RUNTEQ公式ページから実際に受講生が作成したポートフォリオも確認してみてください!

\エンジニアへの道を徹底的にサポート/

※学習時間は業界最長!確かなスキルが身に付きます。

DMM WEB CAMP COMMIT

DMM WEB CAMP COMMIT

未経験から最短3ヵ月でエンジニア転職が可能です。

DMMだからこその転職先の企業の質で、基本的に優良企業のみ。

さらに受講後に申請することで国から最大56万円の給付金を補助してもらうことも可能です。

それを活用すれば、転職目的のスクールの中では最安値ですね。

転職後の離職率が低いのもポイント

スクールに通って転職できたものの、『プログラミングが思ったより難しすぎた』『思ったのと違う働き方をしている』といったことも起きることがあります。

DMM WEB CAMPであれば、転職後の離職率も1%と低く、その点も安心できます。

\ホワイト企業求人多数!/

※転職成功率も98%と高い

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

自社開発企業エンジニアへの転職を目指す人にオススメなスクールです。

エンジニアは受託開発、SESなどもありますが、自社開発企業はみんなが憧れる業務体系ですね。

ポテパンキャンプは100社以上の自社開発企業と連携しており、転職サポートも無期限で利用可能です。

ポテパンキャンプでは厳しいコードレビューをしていて、そこで得られるスキルは高いですね。

とにかく転職実績が豊富で、これまで10,000人以上の転職支援実績も持っているため安心できるかと!

スキル次第では料金値下げも可能

Railsキャリアコースでは、現在のスキル状況に応じて料金を圧縮できるのも強みです。

ある程度まで独学で頑張ってから料金を圧縮しつつ受けることもできるので、それを含めて検討するのもアリですね。

\自社開発企業へ転職するなら/

※受講中に開発するサービスは10個以上!

プログラミング初心者がスクールを選ぶ基準5つ

プログラミング初心者がスクールを選ぶ基準5つ

ここではプログラミング初心者がスクールを選ぶ際にチェックすべきポイント5つを紹介します!

以下の5つのポイントを満たすスクールのみ紹介していますので、ご安心ください。

スクールを選ぶ基準5つ
  1. 値段
  2. 期間
  3. 学習サポート
  4. キャリアサポート
  5. カリキュラム

プログラミングスクールを選ぶ基準①:値段

転職目的なら40~80万、そうでないなら10~25万の範囲がオススメです!

相場観はこんな感じ

スクールの値段の相場観
  • 10万円程度:オンラインで最低限のサービス
  • 20万円程度:オンラインでビデオ通話やその他サポートがついてくる
  • 30万円以上:オンライン or 教室で転職サポートなど手厚い支援アリ

上記の価格帯ならPCに苦手意識がある人でも乗り越えられるレベルのサポートがありますし、カリキュラムの内容も優れているところが多いです。

あまりにも安すぎると「自分で教材買った方がよくない?」みたいな内容のスクールもあり、不十分さを感じるかと。

そのため自分に必要なサポートのレベルに合わせつつ、上記の相場でスクールを選ぶのがオススメですね!

Ken

安さ重視であれば、デイトラTechAcademyがオススメです!

プログラミングスクールを選ぶ基準②:期間

2つ目は学習期間。

転職目的ならできるだけ長いほうがいいですし、それ以外なら3ヵ月~くらいがオススメです。

じっくり見てほしいのは、期間と価格のバランス。

3ヵ月で20万円と、半年で30万円のスクールだと、後者の方がコスパは高いです。

期間については選択できるスクールもあるので、どれくらい学習時間が取れるかも考慮しつつ決めていけば問題ないですよ!

プログラミングスクールを選ぶ基準③:学習サポート

3つ目は、学習サポート。

サポート体系は様々で、チャットのみ・チャット+ビデオ通話・対面ありなど様々。

学習サポートと挫折率は直結していて、ビデオ通話でのサポートの方が理解しやすく、やる気にもつながりやすいです。

講師の質に関してはレベルの高いスクールのみ集めたので問題ないですが、自分がやりぬけるだけのサポートがあるスクールを選ぶべきですね!

プログラミングスクールを選ぶ基準④:キャリアサポート

4つ目は、キャリアサポート。

主に転職者向けのスクールにしかないですが、『どれだけサポートしてもらえて、どんな企業に内定をもらえそうか?』という視点で見るといいです。

キャリアサポート内容例
  • キャリアカウンセリング
  • 求人の紹介(東京や大阪に限られることが多い)
  • 履歴書添削
  • 転職保障

各社によってどんなサポート体制があるかは様々ですが、『このサポートでこんな会社に内定がもらえるのか!』と分かった状態で決めるべきですね。

Ken

ちなみに、キャリアサポートが一番充実しているのはテックキャンプ エンジニア転職ですね!

プログラミングスクールを選ぶ基準⑤:カリキュラム

最後は、カリキュラムです!

カリキュラム内容が優れている方がいいのですが、正直ここで紹介しているスクール間で歴然とした差はありません。

例えば同じ期間学習して、スクールAよりスクールBのほうが2倍できるようになる・・・ってことはあり得ません。

そのため学習内容の充実性というより、ポートフォリオ制作支援があるかどうかを見るようにしましょう。

理由は、就職・転職時にポートフォリオを使ってスキル証明ができるため。

ポートフォリオ制作支援があるスクールは多く、中でもオリジナルの制作ができるスクールを選ぶとなおよしですね!

Ken

例えばTechAcademyなんかは全コース共通して、最後はオリジナルの制作がカリキュラムとして入っていますね!

【比較表】神コスパのプログラミングスクール7社

スクール ポイント 値段・期間 講師の質 学習タイプ カリキュラムの質 学習サポート キャリアサポート

公式ページはこちら
最大手のスクールで、価格が安くコースも豊富。
基礎を学びたい・就職に役立てたい人にオススメ
 
229,900円(税込)/8週間
  完全オンライン    

公式ページはこちら
コスパ最強のスクール。
Web制作で稼げるようになりたい人、
短期間で時間を確保できない人にもオススメ

99,800円(税込)/1年間
  完全オンライン  

公式ページはこちら
稼いでいる講師のみが担当なのが魅力的!
『稼げるスキル』を身に着けたい人にオススメ

403,200円(税込)/4ヵ月
  完全オンライン    

公式ページはこちら
料金は高いが、転職を考えている人にはオススメ
転職保障があり、それを考えるとコスパは高い。
また、カリキュラムの質も高くてGood

877,800円(税込)/26週間
  オンライン
または教室
     

公式ページはこちら
学習時間はスクール内最長の800~1000時間。
確かなスキルを身に着けたい就職・転職希望者にオススメ
 
382,800円(税込)/8ヵ月
  完全オンライン      

公式ページはこちら
大手DMMグループが運営しているのも安心材料。
給付金を利用できればコスパは滅茶苦茶高い。

690,800円(税込)/3ヵ月
  オンライン
または教室
     

公式ページはこちら
実践に即したカリキュラムで、転職実績もいい。
自社開発エンジニアへの転職実績が多いのも◎
 
440,000円(税込)/5ヵ月
  オンライン
または教室
     
料金について
なお、価格と期間については代表的なコース・期間で算出しています。
コース選択やキャンペーンなどを考えると表示よりももっと安くなるところもありますので、公式ページを直接チェックしてみてください!

プログラミングスクールを受講するメリット

Web系のエンジニアとして働きつつ、プログラミングサイトを運営している私の意見では、『絶対に、プログラミングスクールを受けるべき!』ですね。

独学でプログラミング学習ができた人は10人に1人。

簡単なサポートでもいいからスクールに頼るという選択は間違いないです!

以下ではスクールを受講するメリット3つを紹介しますね!

スクールを受講するメリット
  1. 挫折率の低下
  2. 短期間でスキル習得ができる
  3. 独学では手の届かないスキルを学習できる

プログラミングスクールで挫折率は低下する

プログラミングスクール最大のメリットは『挫折率をぐんと下げられること』です。

確かに独学でも学習できる人がいるのは確かですが、本当に一握り。

プログラミングは学び続けることが大事なので、挫折すると元も子もありません。

時間をかけて挫折するくらいなら、最初から本気でやるという考えで受講した方がいいですね!

プログラミングスクールなら短期間でスキル習得ができる

2つ目のメリットは、短期間でスキル習得ができることです。

独学とスクールでの学習時間の違いは以下のような感じ。

  • 独学:600時間
  • スクール:400時間

同じスキルを身に着けようと思った時でも学習時間に違いが出てくるので、時短のメリットも含めてスクールの予算を決めるといいでしょう。

Ken

プログラミングで挫折した人も、「最初からスクールに通っていれば効率も段違いだし、また結果も違ったかも・・・」と言っていましたね。

独学では手が届かないスキルに手が届く

3つめのメリットは、独学では手が届かないスキルを身に着けられるです。

プログラミングは学ぶことが大量にあり、それこそ無限にあるレベル。

知っているのと知らないのでは大きな違いを生むことも多々あります。

自分もプログラミング初心者の頃は『どうやって実装すれば問題ないのか分からない、相談相手もいない』という状況だったので、そもそもの必須スキルであったり、正しい知識を身に着けることができるのは助かります。

Ken

プログラミングに関することだけでなく、営業であったり、就活に役立つ情報も質問できるというのが重要。
こういう情報って、人による部分が大きくてネット上ではなかなか答えが落ちてないんですよね。

目的別に厳選!自分にはどこのスクールが一番おすすめ?

目的別に厳選!自分にはどこのスクールが一番おすすめ?

スクールを比較したけど、自分の目的達成のためにはどのスクールがオススメなんだろう・・・?

と思う人も多いはず。

目的別にオススメスクールを厳選しましたので、参考に選んでみてください!

コスパ良くプログラミングを学びたい

ある程度自学自習はできるから、とにかくコスパ良くプログラミングを学びたい!

という人には、デイトラが一番オススメです。

なんていったって、99,800円(税込)/1年間サポートですからね。

安いとはいえ、プログラミングの土台を作るには十分。

デイトラで学習した内容を元にエンジニアとして内定をもらった人や、転職に成功した人の声も聞きますし、口コミや評判も良いものばかり。

値段で判断して『そもそも独学かスクールかで迷っている』という人は、デイトラなら最終的な金額に大きな差は開かないでしょうし、検討の余地ありです。

就職・教養レベルでプログラミング学習をしたい

主に就職目的で学ぶのであれば、TechAcademyが一番オススメです。

TechAcademyでは安くオリジナル制作物が作れるまでを学習できます。

オリジナル制作物を作れる=ポートフォリオが作れるレベルまで達成できるので、それを活用してエンジニアとして内定をもらった体験談はよく聞きます!

以下の記事の体験談がいい例ですね。

【就職できた!】テックアカデミーの評判を文系大学生が実体験を元にレビュー 【就職できた!】テックアカデミーの評判を文系大学生が実体験を元にレビュー 文系大学生からテックアカデミーに入会して就職できた経験を元に、テックアカデミーの評判を書いていきます。テックアカデミーはメンター全員が現役エンジニアなこともあり、メンタリングでかなり支えてもらえました。

学割や早めに受講を決定する『早割』を使うとより安くなりますので、特に学生の方は急いで決断するのが良いでしょう!

プログラミングで副業をしたい

プログラミングでの副業を目的にするのであれば、RaiseTechが一番オススメです。

プログラミングを使って副業で稼ぐのは簡単だと思う人がいるのですが、実際滅茶苦茶難しいです。

プチフリーランスみたいなもんですからね。

RaiseTechなら副業を見据えたカリキュラムで、レベルの高い仕事ができるまで学習できるスクールです。

エンジニアへの転職をしたい

エンジニアへの転職目的であれば、RUNTEQが一番おすすめです。

RUNTEQの就職サポートは手厚いのですが、『あなたが希望する企業』の就職サポートをしてくれるのが強み。

学習時間が800~1,000時間とかなり長く、確実なスキルが身に付きますし、それを考えるとRUNTEQの受講料は相当安いです。

もちろんエンジニア就職をしたい人にもオススメでして、転職サポートだけでなく就職サポートもあるので大学生にもオススメです!

プログラミングスクールはエンジニアを目指す場合の近道

プログラミングスクールはエンジニアを目指す場合の近道

プログラミングスクールは目的別に色々な選択肢がありますが、どこもエンジニアになるための近道ということだけは事実。

エンジニアになるためにスクールで学び、スクールを使い倒すという気持ちで判断してみてください!

最後にもう一度確認しましょう!
目的別に見たおすすめスクールは以下の通りです!

目的別オススメスクール

各スクールの詳細について書いた見出しに戻ってじっくり考えてみてくださいね。

スクール ポイント

詳細の見出しに戻る
最大手のスクールで、価格が安くコースも豊富。
基礎を学びたい・就職に役立てたい人にオススメ

詳細の見出しに戻る
コスパ最強のスクール。
Web制作で稼げるようになりたい人、
短期間で時間を確保できない人にもオススメ

詳細の見出しに戻る
稼いでいる講師のみが担当なのが魅力的!
『稼げるスキル』を身に着けたい人にオススメ

詳細の見出しに戻る
料金は高いが、転職を考えている人にはオススメ
転職保障があり、それを考えるとコスパは高い。
また、カリキュラムの質も高くてGood

詳細の見出しに戻る
学習時間はスクール内最長の800~1000時間。
確かなスキルを身に着けたい就職・転職希望者にオススメ

詳細の見出しに戻る
大手DMMグループが運営しているのも安心材料。
給付金を利用できればコスパは滅茶苦茶高い。

詳細の見出しに戻る
実践に即したカリキュラムで、転職実績もいい。
自社開発エンジニアへの転職実績が多いのも◎