期間限定でWordPress開設が41%OFF!11/8まで

プログラミングの向き不向きの判断方法は?【焦って判断しなくてOK】

プログラミングの向き不向きの判断方法は?【焦って判断しなくてOK】

プログラミングを始めたいけど、そもそも自分には向いているのだろうか・・・。
挫折率が高いって言われているし、向き不向きは気になる。
プログラミングの向き不向きの判断方法を教えて欲しい!

こんな悩みに答える記事になっています。

学習が必要な分野って、どうしても向き不向きが気になりますよね。

結論からいうと、「向き不向きは存在するが、向いていないからと言って落ち込む必要なし」ですね。

私は現役のエンジニアで、自分のプログラミング学習経験を元に書いていきます。

Ken

プログラミングは「向いている方だと思っている」のですが、そう思えたのは開始して1年経った時くらいでした。

この記事を読めば、プログラミングの向き不向きの判断方法・判断するタイミングが分かります。

そのため、「もしかしてプログラミング向いていないかも・・・」という人でも、判断ポイントや判断タイミングが分かるようになるため、今後に役立ちます。

プログラミングの向き不向きの判断方法

プログラミングの向き不向きの判断方法として、まずは向き不向きを分ける特徴について紹介していきます。

プログラミングが向いている人は少ない

プログラミングが向いている人の特徴は以下の通り。

プログラミングが向いている人の特徴

  • 論理的思考がある
  • 要素の分解が得意
    問題点や課題を細かく分解して考えることができるか
  • 物事を説明する力
  • 少しでも効率を良くしようという姿勢がある

これ、全部得意です!という人はそうそういないと思います。

実際に、「プログラミングに本当に向いている人」というのは少ないのではないかと思います。

プログラミングができる人の割合は?←初心者からはわずか1割【理由を解説】』の記事でも書いた通り、実際にプログラミングが向いていて困ることなくできる人なんて本当に一握りです。

だからといって、プログラミングで食っている人=プログラミングに滅茶苦茶向いている人、というわけでもありません。

ひとくちにプログラミングといっても、業務となるとコミュニケーション能力が必要であったり、一緒にプログラミングをしている人、もしくは取引先へ開発したものを説明する能力も求められます。

ただただコードを書くだけに限定すれば、主に必要なのは論理的思考能力くらいですが、業務となると色々なスキルが必要になります。

向いている特徴にあてはまっても、油断はNG

厳しいことを言いますが、「向いている特徴にあてはまる!」と思っていても、結局プログラミングには根気が必要です。

紹介した特徴に当てはまっているにもかかわらず、プログラミング学習で挫折したという人は沢山います。

プログラミングスキルを習得するには、プログラミングに熱中することが大事。

向いているからと言って、プログラミングスキル習得までの道は結構厳しい道のりです。

結局はプログラミングを面白いと思えるかどうか

結局はプログラミングを面白いと思えるかどうか

向き不向きの判断方法ですが、「プログラミングを経験して、面白いと思えるかどうか」で判断しましょう。

面白いと思えるのであれば、熱中して考えていきますし、その分力も自然とついていきます。

逆に、「何が面白いのかが分からない」という人は向いていません。
プログラミングはちまちました工程が多いので、この辺りが面白くないから挫折したという人もいると思います。

判断のタイミング基準は、自分でコードを1から書き始めたときにそう思えるか、ですね。

最初は「教材をほぼ書き写し」みたいな状態からだと思いますが、そこを抜けて自分で思い描いたものを作ってみるか・・・というタイミングです。

Ken

どんなに簡単なものでも、自分で考えて作っているのであれば向き不向きの判断タイミングと言えます!

難しすぎてつらい←向いていないわけではないので注意

よくある話ですが、「難しすぎる、しんどい・・・向いていないんだなぁ」と思ってしまう人がいます。
これ、難しいのは当たり前で、向いていないと決めつけるのは違います。

難しいけど、そこを乗り越えたときが楽しい!←向いている

上記のように考えるようにしてみてください。

プログラミングが難しいのは、現役エンジニアになった今でも変わりません。

難しいけど、それを解決したときや、難しい部分を理解したときの楽しさがあるので続けられていますね。

プログラミングが向いていない人の特徴

逆に、プログラミングが向いていない人の特徴について解説します。

あてはまる人はプログラミングに「熱中できない・楽しむことができない」ので、分かりやすいと思います。

プログラミングが向いていない人の特徴

  • ITに興味がない
    PCはできれば触りたくないな・・・という人
  • 論理的思考が苦手
  • 地道な作業が嫌い
  • 好奇心がない
  • トラブルに意欲的に取り組めない
  • できるだけ楽しようとしない(効率化を図らない)
  • コミュニケーションが不得意
  • 物事を部分ごとに分けて考えるのが苦手

多いので、一部あてはまる人もいると思いますが、やってみたら意外となんとかなりますよ。

Ken

私の場合、「トラブルに意欲的に取り組めない」「コミュニケーションが不得意」と答えます。

ただ、実生活の自分を想像して回答した場合と、プログラミング中の自分を想像して回答した場合で答えが違ってくるという人もいると思います。

私の場合、プログラミング中は熱中できるので、意欲的にトラブル(エラー)にも取り組めます。

そのため、プログラミングの向き不向きについては、「やってみないとハッキリとしたことは分からない」としか言えません。

まずはノーリスクで始めましょう

結局やってみないと分からないのか・・・と思った方が大半でしょう。

でもこれ、考えてみれば当たり前のことです。

小学生に「たこわさ好き?」と聞いても、答えられる人はほぼいない。

経験したことがないと、向き不向きや好き嫌いなんてわからないんですよね。

プログラミングをちょっとでも面白いと思えるかどうかについては、TechAcademyの無料体験を受けるのがオススメです。

完全無料ですし、担当の現役エンジニアの方と会話できるため、最初の一歩としても最適だと考えています。

1週間でプログラミングとは?が分かる上に、なにをどう学ぶべきかも分かるのでプログラミング学習の近道とも言えます。

テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を実際に受けましたが、得られるものが多すぎて神。最初は営業とかされそう・・・と思っていましたが、そんなこともなく。メリットが多すぎるので、多くの人におすすめしたいですね。

上記記事にてTechAcademyの無料体験の詳細について解説していますので、気になった方は読んでみてください!

プログラミングの向き不向きは焦って判断しなくてOK

プログラミングを始めた人でも、向き不向きは焦って判断しなくてOKです。

むしろ、今判断しても傾向が分かるくらいで、判断しきれない場合が多いです。

理由は以下の通り。

向き不向きを焦って判断しなくていい理由

  • プログラミングが楽しくなるのはある程度できるようになってからだから
  • プログラミング言語に左右されることがあるから
  • プログラミングは学べば誰でも仕事レベルまでは到達できるから
  • 努力で能力は伸ばせるから

1つずつサクッと解説していきます。

プログラミングが楽しくなるのはある程度できるようになってから

プログラミングが楽しいと感じるときは、自分で思い描いたものを作っている最中だと思います。

しかし最初は、自分で思い描いたものを作ろうにもエラーの連続で全然思うように進まず、楽しくないと感じる人も多いでしょう。

プログラミングが楽しくなるのはある程度できるようになってから
これは理想の自分のスキルと現実の自分のスキルがかけ離れているからで、初期はどうしてもこの現象が起きてしまいます。

そこを乗り越えると楽しくなってくるので、「難しいから向いてないや」とならないように気を付けたいところです。

プログラミング言語に左右されることがあるから

プログラミング言語ごとに、書いていく内容が違うため、当然難易度も異なってきます。

私は難易度が高い言語からスタートした
私の場合C言語を最初に学びましたが、結局プログラミングが楽しい=向いているかもと思えたのはWeb系の言語をやり始めてからでした。
Web系の言語を始めないと、プログラミングは難しくて面白くないもののままだったでしょう。

Web系の言語は視覚的に変化が分かりやすく、エラーが起きてもどの機能でエラーが起きているかが分かりやすいんですよね。

もし難易度の高い言語を学習している人は注意が必要です。

プログラミングは学べば誰でも仕事レベルまで到達できるから

プログラミングは音楽や芸術・スポーツほど才能は必要ありません。

Ken

もちろんトップレベルのプログラマは天才しかできないようなことをしていますが、仕事レベルであれば辿りつけます。

エンジニア人口って、かなり多いですよね。
それだけ多くの人がなれて、かつ食っていける職業が「才能のある人しかなれない」と思いますか?

実際に文系出身のプログラマは30%近くにのぼるというデータもあります。

自分には才能がない・・・と思っても、エンジニアになれている人は沢山います。

努力で能力は伸ばせるから

プログラミング能力は努力で伸ばせます。

プログラミングは多くの場面で「うまくいかない」と悩むことがありますが、そこで「うまくいかないのは自分の能力のせいだ」と思わないことが重要です。

上記のように考えてしまうと、「あぁ、プログラミングは向いていない」と考えるようになります。

スキルを習得できるかどうかは、あなたの頑張り次第です。

「成長することなんか無理」と思っていたら、やり抜く力が全く発揮されません。

私自身の話になりますが、元々英語が大の苦手でした。
しかし、大学生の時に「英語は言語なんだから、日本語がうまく喋れるように、英語も頑張ればできるようになるよ」という言葉を耳にして、「努力次第で英語力は伸ばせきゃおかしい」と考えました。
そこからTOEICの勉強を重ねて、200点以上スコアを伸ばすことができたのです。

努力で解決したという経験が、誰にでもあるのではないかと思います。

同じように、プログラミングに関わる能力もこれから伸ばせます。

「自分には無理だ」と思うのではなくて、「今の自分には無理だ」と考えるようにしましょう。

プログラミングの向き不向きを焦って判断→挫折に繋がる

プログラミングの向き不向きを焦って判断すると、逆に挫折に繋がります。

プログラミングの向き不向きを焦って判断→挫折に繋がる
プログラミングって難しいので、大抵「難しい、できない・・・向いていないんだなぁ」という結論に至ります。

Ken

私も何度もこの結論に至りましたが、できるようになった今思い返せば、周りの人と比べると向いている方だったような気がします。

そのため、プログラミングを始めて間もない方は、以下のように考えるのがベストです。

プログラミングに熱中して取り組めている・プログラミングスキル習得の過程を楽しいと思えるのなら、向いている。

上記の内容であれば、「自分には向いていない」と自分で自分を挫折に追い込むことが少なくなります。

プログラミングの向き不向きをしっかり判断するなら今すぐ始めてみよう

この記事のまとめ

  • プログラミングの向き不向きの判断方法は「楽しいかどうか」
  • プログラミングの向き不向きの判断タイミングはある程度学習してから
    私の場合、遠回りして1年ほど経って本当に分かった
  • 始めてもないのに向き不向きを判断するのは不可能!まだ始めてない人はすぐに始めてみよう
  • もう始めているという人は、0から何か作る段階までいって判断しよう

上記を元にすれば、「実は向いていたのに向いていないと判断してしまった」なんて最悪のパターンも回避できます!

プログラミングの向き不向きは、やはりプログラミングを始めることでしかハッキリと分かりません。

ノーリスクで一歩を踏み出すために、TechAcademyの無料体験をおすすめします!

  • プログラミングを実際に体験し、どのように進めていくか分かる
  • 現役エンジニアのメンターと会話できる(アドバイスとかを聞ける)
  • 完全未経験でもOK

詳しくは以下の記事を読んでみて下さい!

テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を実際に受けましたが、得られるものが多すぎて神。最初は営業とかされそう・・・と思っていましたが、そんなこともなく。メリットが多すぎるので、多くの人におすすめしたいですね。

もし「体験とかはちょっと・・・」という人は、まずは自己診断から始めるのがオススメです。

自己診断ツールとしてAnalyzeU+が優秀でしたので、使い方などを以下の記事で紹介しています!

無料の適性診断AnalyzeU+で自己分析!実際に使ってみたメリット・デメリットを紹介 無料の適性診断AnalyzeU+で自己分析!実際に使ってみたメリット・デメリットを紹介 適性診断を受けるならAnalyzeU+が一番オススメです。完全無料で質問数が多く、それでいて結果をOfferBoxの自己PRとして利用できるからです。他社にはないメリットがあるため、就活生の自己診断ならこれ一択。