期間限定でWordPress開設が41%OFF!11/8まで

【実体験】大学生がプログラミングを学ぶメリット5つ【学んでよかった】

【実体験】大学生がプログラミングを学ぶメリット5つ【学んでよかった】

プログラミングに興味があります。今後重要なスキルになりそうだし、身につけたほうが良いのかな?
文系だけど、プログラミングスキルは身に付くのかな?

こんな悩みに答える記事になっています。

大学生でプログラミングを学習しようか悩んでいる人は多いと思いますが、結論から言うとプログラミングはやったほうがいいです。

プログラミングスキルを活用すれば、好きな場所・時間で働くという選択肢も見えてきますし、人生を自由に設計する選択肢も生まれてきます。

この記事を書いている私は大学生中にプログラミングを始めて、今では現役のエンジニアとして日々プログラミングをしています。

大学生中にプログラミングを学習してよかったと思っており、この記事では実際に体験したメリットをお伝えします。

大学生のうちにプログラミングを身につけてから、大学生活がかなりイージーになった感覚があるんですよね。

プログラミングを学ぼうか迷っている大学生に向けて、本記事ではプログラミングを学ぶメリットと学習手順に関して解説します。

繰り返しますが、全て実体験に基づいて書いているメリットです。

大学生がプログラミングを学ぶメリット5つ

早速ですが、大学生がプログラミングを学ぶメリットは以下の通りです。

大学生がプログラミングを学ぶメリット

  • 時給2000円になり、お金と時間に余裕ができる
  • スキルが蓄積される仕事で、時給も上がっていく
  • 時間や場所にとらわれない働き方も可能
  • プログラミングスキルの需要が高いため、就活で有利
  • 周りの大学生と圧倒的な差を付けられる

それぞれ解説していきますね。

時給2000円になり、お金と時間に余裕ができる

プログラミングの仕事をすることで、大学生の時に時給2000円を実現することができました。

周りの大学生の2倍以上の時給ですね。

毎月10万円前後バイト代をもらっており、「え、全然バイトしてないのに!?」と思っていました。

Ken

時給2000円というのは私の実体験の話ですので、もちろんこれ以上の時給も余裕で目指せると思います。

スキルが必要な内容になるので、元々の単価が高く、かつ技術力が付けばスピードも上がるためですね。

いや、その分勉強に時間を割いてるよね。という話になりますが、半年ほどバイトをすれば学習に使った時間を時給換算してもお釣りがくるくらいになりました。

さらに、現在でもそのスキルを使ってお金を得ているので、自分にとってはメリットしかなかったですね。

Ken

元々はバイトで消耗しているような学生生活を送っていました・・・。
『自宅でも稼ぐ』を実際に大学生中に体験でき、本当に良かったです。

プログラミングはスキルが蓄積される仕事なので、時給も上がる

プログラミングはスキルが身に付けば身に付くほど時給が上がります。

プログラミングで時給が上がる理由
プログラミングは機能ごとにパーツ分けすることができ、「この機能が追加で欲しいな」という時に、以前同じようなことをやった部分からコピペで持ってこれます。

上記のように、経験すればするほど短縮できる仕事が増え、結果的に時給が上がっていきます。

悲しいことに、大学生が一般的にやっているバイトは、全然時給が上がっていきませんよね・・・。

ですが、プログラミングのバイトであれば「〇〇ができれば5万円」のように、成果報酬であることが多く、時給をいくらでも伸ばせます。

あなたが「今のバイトを今後も継続してやっていって、就活や今後に活かせる?」と聞かれても、「NO」と思う人が多いのではないでしょうか。

プログラミングであれば、大抵の人が「Yes」と答えるはず。

プログラミングに限らず、スキルが身に付くバイトを私は強くお勧めします。

時間や場所にとらわれない働き方も可能

ますますリモートワークが注目されるようになりましたが、こういった働き方にあこがれを持っている人も多いと思います。

難しい業種がほとんどではあるのですが、プログラミングをする職業は大体リモートワーク可能です。

Ken

実際に私も会社勤務ですが、会社にいるのは週に6時間ほど。残りは全て在宅勤務ですね。

「フリーランスにならないと在宅ワークができない」ということもありません。

特にIT系の会社ではリモートワーク可のところも多く、働き方を最優先に考えて仕事を決めるというのも全然アリだと思います。

好きな時間に、好きな場所で、お金を稼ぐ。

これが達成可能な道筋が見えやすいというのもプログラミングを学ぶメリットの1つです。

プログラミングスキルの需要が高いため、就活でも有利

プログラミングスキルの需要は高く、就活でも有利・・・というか、職に困ることはそうそうありません。

理由として、現在IT業界は人手不足に直面しています。

今後も人材不足になるであろう予想が立てられており、以下がその予想となっています。

IT人材需給に関する調査
引用:IT人材供給に関する調査

データを見ると

2021年でのIT人材不足人数:約31万人

2030年でのIT人材不足人数:約45万人

となっており、今後人材不足になる=需要も高まるということになります。

だからこそ、プログラミングを学習すれば就職余裕・・・というわけではないですが、スキルのある人材になれば引く手数多になる状況です。

また、プログラミングを学んだら絶対にプログラマーになるというわけではなく、職業選択の幅も広がるので大学生にもおすすめできます。

プログラミングを学習してなれる職業例
  • ITコンサルタント
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • プログラミングを教える側の職業(教師・スクール講師など)

時間や場所にとらわれない働き方が可能なことも合わせると、本当に人生選択の幅が広がると感じています。

周りの大学生と圧倒的な差を付けられる

ここまでのメリットを合わせて考えると、周りの大学生と圧倒的な差が付くのは目に見えてますよね。

私の場合は

時給が高いので、バイト時間は他の大学生より少ない→自由な時間がある→その時間にスキルを磨く

時給が高いので、他の大学生より金銭的余裕がある→多少お金がかかる経験もできる

といった具合に、プログラミングを通して得られたメリットを使ってどんどんスキルアップすることができました。

それだけでなく、プログラミングスキルを通して以下の力も身に付いたと感じています。

プログラミングを通して身に付いたスキル
  • 論理的思考能力
  • ITリテラシー
  • やり抜く力

この辺りは目に見えて大きな違いが出る部分ではありませんが、すべて掛け合わさると他の大学生との差は歴然とします。

なんだかんだ言って、大学生は「スキル無し、挑戦もしない」と言う人が大多数。

プログラミングを学習するという挑戦をするだけでも価値があります。

大学生がプログラミングを学ぶとなぜここまでのメリットが得られるのか

大学生でなんでそこまでの待遇が得られるんだろう・・・?自分にできるとは到底思えない!

上記のように感じる人も多いと思います。

大学生でもプログラミングを学ぶとかなり良い待遇を受けられる理由は簡単です。

需要が高いのに、9割近くが挫折するから。

プログラミングでの挫折者は9割に近いとも言われており、継続してスキルを身につけた人でないとメリットは得られません。

逆に、プログラミングスキルをきちんと身につけられた人だけがメリットを総取りしているとも言えます。

もしもプログラミングスキルの習得が簡単だったら、ここまでの待遇は得られません。

ですが、誰でも今から挑戦でき、天才じゃなくてもプログラミングはできるようになる。稼げる。

これがプログラミングの良いところです。

あなたは世界のIT技術者の人口を知っていますでしょうか?

IT技術者≒プログラミングができる人は世界で約2000万人。

そんな大勢ができているプログラミング分野に才能は関係ないという事が上記の数字からも考えられると思います。

大学生がプログラミングを学んでメリットを得る手順

大学生がプログラミングを学んでメリットを得る手順

大学生がメリットを得るためにプログラミングを学ぶ手順は以下の通り。

  1. 格安の学習サイトでプログラミングが楽しいと思えるか確認
  2. プログラミングスクールへ通い、実践レベルの知識やスキルを身につける
  3. 就職・インターンなど、目標を叶えられる方向へ行動する

簡単に説明していきます。

Ken

より詳細に解説した『【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】』という記事もあるので読んでみてください!

STEP1.格安の学習サイトでプログラミングを学習

プログラミングは継続が大事なので、「プログラミングを続けられそうかどうか」を判断する必要があります。

続けられそうかどうかの基準は、「楽しいと思えるかどうか」ですね。

難しいと思うのは当たり前なので、それがちょっとでも楽しみつつやれているのか、苦しみつつなのかによって全然違ってきます。

Ken

このプログラミングの適正は無料サイトを使ってプログラミング体験をしつつ見定めればOKです!

無料スタートできる学習サイトはいくつかあり、有名どころではProgateなんかがありますね。

他の学習サイトについても知りたいという人は、【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件を参考にしてみて下さい。

【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件 【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件 無料か月1,000円くらいでプログラミングを学べるサイトってない?実は結構あって、無料・格安のプログラミング学習サイトについてまとめました。格安でも、基礎学習にはもってこいなのでまずはここからスタートするのがいいですね。

プログラミングが楽しいと思えるかどうかについて調べるくらいだったら無料の範囲でサイトを使えばOKです。

Ken

HTML, CSS, javascript, jQueryあたりをやってみてください。

STEP2.プログラミングスクールへ通い、実践レベルの知識やスキルを身につける

プログラミングが楽しいと分かったら、プログラミングスクールへ通いましょう。

理由としては単純で、「挫折率が少ない」からですね。

・・・といっても、ここでスクールへ通う決断ができる人は100人中10人もいないと思います。

なぜなら、「普通にプログラミング楽しかったし、大金を払わずとも独学で行けるんじゃないかな」と思ってしまうためです。

こういった感想を持ってしまうのは当たり前で、プログラミングが本当に難しいのはここから先の話だからです。

プログラミングの基礎学習は簡単?
プログラミングが本当に難しくなるのは、学んだことを生かして、1から組み立てるとき。
例えるなら、「補助輪ありの自転車から、補助輪なしで乗る時」が一番の挫折ポイントです。
基礎学習の時は「言われた通りにやるだけ」の補助輪ありの状態なので、このまま行けるんじゃね?と思うのも無理はないです。

挫折を防いで、本気でプログラミングを学びたいのであればプログラミングスクールが良い選択肢となるのは間違いありません。

『いや、お金めっちゃかかるじゃん・・・』と思うでしょうが、最近では10万円台の安いスクールも出てきていまして、補助輪としての購入はアリです。

Ken

プログラミングスクールの比較記事もありますので、スクール決定の際は参考にしてみてください!
関連記事
プログラミングスクールには行くべきか?誰もが悩むポイントにエンジニアが回答 プログラミングスクールには行くべきか?誰もが悩むポイントにエンジニアが回答 プログラミングスクールには行くべきか?こんな悩みに現役エンジニアが回答します。結論としては、まずはノーリスクな行動をとって判断するということですね。無料体験などに通ったうえで行くべきかどうか判断すればOK

STEP.3就職・インターンなど、目標を叶えられる方向へ行動する

スクールを卒業すれば、あとはさらにスキルを身につけるために自分の目標を叶えられる方向へ行動あるのみです。

おすすめは、そのまま目標を叶えられる環境へ飛び込むこと。

例えば個人でお金を稼ぎたいのであれば、ガンガン仕事を取りに行くし、プログラミングのバイトをしたいのであれば長期インターンへ応募などですね。

いや、でもまだそこまでできるスキルはないよ!

と思うかもしれませんが、飛び込まないといつまで経っても業務レベルのスキルや知識は身に付かないので、さっさと飛び込みましょう。

私の場合、流石に個人でお金を稼ぐのは気が引けたので、プログラミングバイトを開始しました。
1人じゃ絶対に得られない知識・経験が得られたので、行動を最優先ですね。

プログラミングを学びたい人からよくあるQ&A

プログラミングを学びたい人からよくあるQ&A

メリットがこれだけあるよ!・・・という事が分かってもそれでもまだ不安があると思うので、よくあるQ&Aを紹介します。


大学生のうちにプログラミングを学ぶメリットは?

大学生は時間があるから、今すぐ学ぶべき

プログラミングの基礎学習に必要な時間は200時間とも言われています。

社会人になってからでも学習はもちろんできます。しかし、5年も仕事終わりに毎日毎日積み重ねるのは至難の業。

結局「まぁ、プログラミングじゃなくてもいいか・・・」となってなかなか(大学生の時よりも)行動できない人が大多数かと思います。


文系なんですけど、やっぱ無理ですよね

IT技術者の3割は文系出身者。そんなことはないです。

確かに文系の人は論理的思考能力で理系に劣ることが多く、その点では難易度は高くなるかもしれません。

しかし、IT技術者は文系出身者が3割もいますし、私の勤務先も文系出身者が数多くいます。

IT技術者の文系出身は3割
引用:IT人材白書2017

一番上のグラフの「全体」で言えば、文系出身者は約36%になります。

数学的な要素も、データ分析系・画像処理系などにすすまない限り中学生までの範囲で十分カバーできます。

文系だからという理由で挑戦しないのは勿体ないですよ。


プログラミングは今後AIに自動化されるんでしょ?勉強する意味ある?

プログラミングが自動化される前に、スキルの必要ない仕事から自動化されます

AIに自動化されるといっても、いわゆる「手に職がない」仕事からです。

そもそも、プログラミングが自動化されるのはまだまだ先になるかと。

もしそうなっても知識を生かしてAIを管理する立場になるのは比較的容易だと思うので、他の職業よりは安心できます。

やらない理由はいくらでもありますが、誰も未来のことは先読みできませんし、今やるべきことをやりましょう!

プログラミングを始める決意をした大学生は強すぎる

プログラミングを学ぶにあたり、大学生は強すぎます。

理由は以下の通り。

大学生の利点

  • 時間がある
  • ガンガン働ける
  • 経営者がバイトやインターン生として雇いやすい立場にある

今挑戦をせずそのまま社会人になると、プログラミングの勉強どころではなくなります。

例えるなら、週5でフルコマという感じ。

インターンもできなくなりますし、本気でプログラミングを学ぶ機会は転職に使うためくらいになってしまいます。

転職目的でプログラミングを学ぶと、「まぁ死にたいほど今の仕事が嫌ってわけじゃないし、まぁこのままでいっか・・・」と決断できなくなるわけです。

それに加えて、これからはITの時代でプログラミングスキルが重宝され、結果就職活動も容易になります。

大学生がプログラミングを始めない理由は正直ないですね。

大学生は「大卒」のために大学へ行く人が多すぎる件

私も最初の1年間はそうでしたが、行動しないと大抵「大卒」の称号目当てで行く形になってきます。

簡単にチャレンジできるのは正直今しかないので、今すぐ自分の市場価値を高める行動をしましょう。

「特に何ができるってスキルもないし、なんとなく将来が不安」って人もいると思いますが、そういうひとこそプログラミングを始めるべきかと。

何かしらスキルがあるとそれを強みに戦っていけますし、「プログラミング」という軸が1つできるだけでも全然違います。

Ken

社会人になって、「手に職」を得られるような行動をしとけばよかったなぁ~・・・どこで道間違えたかな。という話もちらほら聞きます。。

「プログラミングをやらない理由」として、色々話が出てきますが、気にせず勉強&行動すればいいですよ。

恐れることなく行動しましょう。

【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】 【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】 完全初心者向けに、プログラミングの始め方を現役エンジニアが書いていきます。私もこの内容で学習して、プログラミングスキルを得られました。学習方法やその後のキャリアについても触れつつ、ロードマップを書いていきます。